不登校新聞

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

2019年03月28日 12:19 by shiko



 現在26歳になる息子が中学3年から学校に行きしぶりはじめ、高校時代には、まったく不登校になりました。息子はいま、福祉系の仕事をしていますが、そのまっ最中にはきついことがたくさんありました。

 もう10年経ったかと思うのと、まだ10年しか経っていないと思うのと両方あります。

 親である自分たちもいろいろ考え、ずいぶん苦労したんだと思いたくもあり、反面、周辺をうろついていただけで、本当は息子よりも親の不安丸出しだったのではないかと、いまだに赤面することもあります。

 両親ともに教員でもあり、知らないうちにけっこう息子を追いつめていたと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...