不登校新聞

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

2019年03月28日 12:22 by shiko
2019年03月28日 12:22 by shiko



 『不登校を三週間でもどした』と豪語する本が、教育書専門の出版社から出版されました。著者は小学校の教員で、会社員から小学校教員になり、30人以上の不登校児童・生徒にかかわってきたそうです。

 学校復帰に自信を持っている教員は、そのほとんどが小学校の教員です。小学生の場合、力関係が圧倒的ですから、周囲の大人たちが寄ってたかって、あの手この手の学校復帰作戦を展開すると、とりあえずは戻ることが多いのですが、それは一時的なもので、問題の解決を先送りしただけです。

 何とかして学校に戻して中学校に送り出したら、小学校としてはそれで終わりでしょうが、子ども本人と親は終わらないんですね。その後いったいどうなるのかなど、風の便りに聞くくらい。結局知らないんですね。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…