不登校新聞

189号(2006.3.1)

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

2019年03月28日 12:22 by shiko
2019年03月28日 12:22 by shiko



 『不登校を三週間でもどした』と豪語する本が、教育書専門の出版社から出版されました。著者は小学校の教員で、会社員から小学校教員になり、30人以上の不登校児童・生徒にかかわってきたそうです。

 学校復帰に自信を持っている教員は、そのほとんどが小学校の教員です。小学生の場合、力関係が圧倒的ですから、周囲の大人たちが寄ってたかって、あの手この手の学校復帰作戦を展開すると、とりあえずは戻ることが多いのですが、それは一時的なもので、問題の解決を先送りしただけです。

 何とかして学校に戻して中学校に送り出したら、小学校としてはそれで終わりでしょうが、子ども本人と親は終わらないんですね。その後いったいどうなるのかなど、風の便りに聞くくらい。結局知らないんですね。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…