不登校新聞

189号(2006.3.1)

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

2019年03月28日 12:23 by shiko



 札幌市では、上田市長の公約である「子どもの権利条例」を制定する取り組みを進めていて、「札幌市子どもの権利条例制定委員会」の中間答申書が出されました。

 サブタイトルが「子どもとともに札幌の未来を考える」となっていて、「子どものために」でないところがいいと感じました。この答申は札幌市のサイト「子どもの権利ウェブ」で公開されていて、市民からの意見・感想も募集しています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...