不登校新聞

189号(2006.3.1)

読者の声「札幌市子どもの権利条例」

2019年03月28日 12:23 by shiko



 札幌市では、上田市長の公約である「子どもの権利条例」を制定する取り組みを進めていて、「札幌市子どもの権利条例制定委員会」の中間答申書が出されました。

 サブタイトルが「子どもとともに札幌の未来を考える」となっていて、「子どものために」でないところがいいと感じました。この答申は札幌市のサイト「子どもの権利ウェブ」で公開されていて、市民からの意見・感想も募集しています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...