不登校新聞

189号(2006.3.1)

高校生の「別室登校」を調査/沖縄県

2019年03月28日 12:31 by shiko



 沖縄県高校カウンセリング研究協議会中部支部が、高校生の別室登校の現状について、アンケート調査を実施した。

 2005年12月に中部地域高校21校(定時制2校を含む)を対象に実施、06年1月末の沖縄県高校教育相談中央研究発表大会で発表された。

 調査によると、別室登校生は21校中、17校に在籍しており、男子生徒11人・女子生徒30人の合計41人である。

 別室登校の定義は「不登校・不登校状態の初期・回復期に登校していても教室には行くことができない状態のとき、別室に登校させること。生徒本人がホームルーム復帰に努力することを前提とする」とされている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...