不登校新聞

189号(2006.3.1)

高校生の「別室登校」を調査/沖縄県

2019年03月28日 12:31 by shiko



 沖縄県高校カウンセリング研究協議会中部支部が、高校生の別室登校の現状について、アンケート調査を実施した。

 2005年12月に中部地域高校21校(定時制2校を含む)を対象に実施、06年1月末の沖縄県高校教育相談中央研究発表大会で発表された。

 調査によると、別室登校生は21校中、17校に在籍しており、男子生徒11人・女子生徒30人の合計41人である。

 別室登校の定義は「不登校・不登校状態の初期・回復期に登校していても教室には行くことができない状態のとき、別室に登校させること。生徒本人がホームルーム復帰に努力することを前提とする」とされている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...