不登校新聞

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

2019年03月28日 12:52 by shiko



 警察庁は、2005年1年間の少年をめぐる非行と犯罪被害の状況を発表した。それによると、05年、刑法犯で検挙された少年(14歳以上20歳未満)は、1万人以上減り、12万3715人(05比8・3%減)で、2年連続の減少となった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数が3年連続で過去最多を更新【文科省速報】

562号 2021/9/15

不登校新聞からの緊急アピール 「行きたくない」は命のSOS

561号 2021/9/1

「死にたい」「消えたい」と思う瞬間の子どもの胸の内とは

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...