不登校新聞

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

2019年03月28日 12:50 by shiko



 子どもの権利を考える豊田の会の大村美恵さんに、"長田塾裁判"を主題とした集会のようすを執筆していただいた。

* * *

 2006年2月10日、名古屋市女性会館で、子どもの権利を考える豊田の会主催の「長田塾裁判と子どもの権利」と題する集会を開催した。

 05年7月、19歳(当時)の少年が、長田百合子氏と㈲塾教育学院を相手どり、名古屋地裁に提訴した。集会は、この長田塾裁判の原告を支援し、この裁判の主旨の理解を深めてもらおうと開催した。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...