不登校新聞

504号 2019/4/15

再開したフリースクール検討会議 不登校の歴史vol.504

2019年04月11日 11:37 by kito-shin

 2015年12月22日、議員連盟の座長が馳議員から丹羽議員へ変わったのと同じ日、不登校に関して重要な文科省の公式会議が開かれた。第6回「フリースクール等に関する検討会議」である。

 この検討会議は、同年1月30日に第1回を開催、学校外の教育に、制度的な何らかの道を拓く熱い期待のもとにスタートしたが、確保法審議が議員立法で始まり、4月14日に第4回を開催したあと、休止状態となっていた。

 なぜなら、もし法律が成立したら、会議決定より法律が強いからである。会議では、法律をもとに、どう充実させるかはできるが、法律を越えることはできない。そこでしばらく様子見、となっていた。

 しかし、9月成立もならず、馳さんは大臣になられ、法案のゆくえが不透明になっていたこの秋、市民の側からも「あの会議はどうなっているの?」という声が委員をやっている私のところにいくつも寄せられた。

 それを文科省に伝え、それが功を奏したのかは定かではないが、ひさしぶりに開かれたのが第5回会議で、11月19日のことだった。じつに半年ぶりであった。

 第5回会議では、文科省が初めて行なったフリースクール調査の報告があった。今ではあちこちで引用されているが、474団体へアンケートを送付し、そのうち319団体から回答があったものだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...