不登校新聞

504号 2019/4/15

小5で不登校「家でのんびり」がマイナス感情を消してくれました

2019年04月12日 11:10 by kito-shin

 2019年2月16日、千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」の講演抄録を掲載する。主催者は、同市で活動している「フリースクールネモ」。不登校経験者と不登校の子を持つ親の3名が登壇。不登校とはなんだったのかが、各々の立場から語られた。

* * *

 僕が不登校になったのは、小学5年生のときでした。もともと勉強が好きじゃなくて、学校のテストを白紙で提出するような子どもでした。

 それでも、小学4年生までの担任は、そういう僕の行動をとくに気にしなかったんです。

 ところが、5年生で担任が変わったのを機に、放課後は担任が付きっきりで居残り勉強をさせられるようになりました。

 担任としても、何とかしなくちゃいけないと思ったんでしょうけど、つらいことをがんばり続けるのはなかなかしんどい。学校に行けば行くほど、マイナスの気持ちが心に蓄積されていきました。

マイナスが蓄積

 あるとき、父に言いました。「僕は学校を辞める」って。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...