不登校新聞

504号 2019/4/15

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

2019年04月16日 10:52 by kito-shin



 2019年2月16日、千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」の講演抄録を掲載する。主催者は、同市で活動している「フリースクールネモ」。不登校経験者と不登校の子を持つ親の3名が登壇。不登校とはなんだったのかが、各々の立場から語られた。

* * *

 現在、小学2年生になる息子が不登校をしています。本日は親の立場からお話できたらと思います。

 息子は幼稚園のころから行きしぶりがあったので「小学校は大丈夫かな」と、親としては不安でいっぱいでした。

 また、記憶力のよい息子の個性を生かしたいという親の欲目もあり、思い切って別の幼稚園に転園することにしたんです。付属の小学校もあったので、「このまま通ってくれれば」と考えたわけです。

 小学校に入学すると、最初は元気に通っていたのですが、しだいに行きしぶるようになりました。5月の連休明けからは「人に疲れた」と言い、学校を休む日が増え、食欲もなくなっていきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ひきこもることを恐れなくていい」20年以上ひきこもりと向き合って

511号 2019/8/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...