不登校新聞

504号 2019/4/15

うっかり見つけてしまった、ひきこもりの僕が生きのびた理由

2019年04月12日 11:07 by kito-shin

 年に1回開催されるゲームの祭典「東京ゲームショウ」。『不登校新聞』子ども若者編集部員の、しょーたろーさんに体験記を書いてもらった。

* * *

 2018年9月、子ども若者編集部のメンバー4人で「東京ゲームショウ2018」へ行ってきました。東京ゲームショウは毎年1回開催される国内最大のゲーム展示会です。

 ゲームショウには一般公開日とは別に「ビジネスデイ」という業界・メディア関係者のための開催日があります。

 ふつうのゲームユーザーには縁のない日なのですが、ありがたいことに『不登校新聞』はメディアなので、取材としてビジネスデイに参加できることになりました。結局、肝心の執筆には半年もかかってしまいましたが(笑)。

 取材当日、新聞社でつくってもらった名刺と事前登録をして発行した許可証を見せれば入場は無料、しかも会場はとても空いていました。

 一般公開日なら300分待ちもめずらしくない新作ゲームの試遊に、15分ならべばプレイできる環境。

 「不登校新聞マジやべー。メディア枠バンザイ」と思いながら、片っ端からゲームを遊んできました。

ゲームがあったから死なずにすんだ

 今回のゲームショウのなかで最もやりたかったゲーム、それは「エースコンバット7」でした。このシリーズは架空世界の戦争で自分が戦闘機乗りになって、他国の戦闘機と空戦を行なうゲームです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールも保健室もダメ、私は私の不登校理由がわからない

542号 2020/11/15

「この先、何十年も生きてたくない」学校で傷ついた14歳を癒した言葉【中川翔子が聞く】

542号 2020/11/15

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...