不登校新聞

504号 2019/4/15

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

2019年04月16日 10:53 by kito-shin

 「今日だけでいいから、学校休ませて」。

 6月のある朝、小学5年生の娘が母に懇願しました。戸惑いつつも受けいれた母。ここから始まったある家庭のすったもんだを四コママンガで描いた1冊をご紹介します。

 本書には、不登校でよく聞く話、いわゆる「不登校あるある」が多く出てきます。

 「親がよかれと思ってカウンセリングに連れて行ったものの、かえって娘がイライラした」「励ますなど母にできることをすべてやってみたのに、夏休みの宿題にはいっさい手をつける気配がない」。

 そして、2学期が始まる前夜、娘は宣言します。「私、学校やめるから」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...