不登校新聞

504号 2019/4/15

「私は友だちがほしい」不登校から高校進学した結果

2019年04月16日 10:52 by kito-shin

 私は友だちがほしい、だから高校に行きたい――。そんなことを考えているのは自分だけじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。不登校経験者への取材を10年以上続けてきましたが、高校進学を希望する理由に「友だちがほしいから」と挙げるというのは、じつはよく聞く話なんです。

 今回は、「高校で友だちをつくりたい」という思いを持って高校に進学した2人の不登校経験者のエピソードをご紹介します。 

 “私は生まれ変わる” 強い期待を胸に高校へ 

  Aさんは「高校生活が始まれば生まれ変われる」という期待を胸に、ある通信制高校に進学しました。勉強に励み、気の合う友だちと青春の日々を過ごす、そんな高校生活を夢見ていたと言います。しかし、一度登校しただけで、Aさんは疲れ切ってしまったと言います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...