不登校新聞

504号 2019/4/15

「私は友だちがほしい」不登校から高校進学した結果

2019年04月16日 10:52 by kito-shin

 私は友だちがほしい、だから高校に行きたい――。そんなことを考えているのは自分だけじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。不登校経験者への取材を10年以上続けてきましたが、高校進学を希望する理由に「友だちがほしいから」と挙げるというのは、じつはよく聞く話なんです。

 今回は、「高校で友だちをつくりたい」という思いを持って高校に進学した2人の不登校経験者のエピソードをご紹介します。 

 “私は生まれ変わる” 強い期待を胸に高校へ 

  Aさんは「高校生活が始まれば生まれ変われる」という期待を胸に、ある通信制高校に進学しました。勉強に励み、気の合う友だちと青春の日々を過ごす、そんな高校生活を夢見ていたと言います。しかし、一度登校しただけで、Aさんは疲れ切ってしまったと言います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...