不登校新聞

505号 2019/5/1

かがり火

2019年04月26日 11:17 by kito-shin

 五月に入るとなぜか毎年のように「五月病」と呼ばれるメンタルヘルス不調の人たちが増えてくる。

 新生活や人間関係になじめないためか、心や身体に不調をきたしやすくなってくる人たちだ。

 不登校の悩みを抱えた子どもたちには、けっして無理をして学校に通うことがすべてではなく、学校に通わず自宅ですごすという方法もあることを伝えたい。

 自宅で学ぶ方法もあると情報を伝え、安心して自分の家ですごすことも大切だ。

 メンタルヘルスの相談をしていると病気が治るか知りたがる人が多いが、けっして病気や障害を診断したり、治したりすることがすべてだとは思わないでほしい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...