不登校新聞

505号 2019/5/1

かがり火

2019年04月26日 11:17 by kito-shin
2019年04月26日 11:17 by kito-shin

 五月に入るとなぜか毎年のように「五月病」と呼ばれるメンタルヘルス不調の人たちが増えてくる。

 新生活や人間関係になじめないためか、心や身体に不調をきたしやすくなってくる人たちだ。

 不登校の悩みを抱えた子どもたちには、けっして無理をして学校に通うことがすべてではなく、学校に通わず自宅ですごすという方法もあることを伝えたい。

 自宅で学ぶ方法もあると情報を伝え、安心して自分の家ですごすことも大切だ。

 メンタルヘルスの相談をしていると病気が治るか知りたがる人が多いが、けっして病気や障害を診断したり、治したりすることがすべてだとは思わないでほしい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

587号 2022/10/1

編集後記

587号 2022/10/1

『不登校新聞』新編集長よりごあいさつ 私たちが届けたいものは

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…