不登校新聞

505号 2019/5/1

大好きなはずの特撮が見れない、私の生きがい無くしちゃいました

2019年04月26日 11:37 by kito-shin
2019年04月26日 11:37 by kito-shin

 私は14歳のとき、学校に行くことをやめた。その結果「私は中学生だ」と言えなくなり、アイデンティティをひとつ失った。

 そして今、私はまた、自分の重要なアイデンティティを失おうとしている。それはズバリ、特撮ヒーロー番組だ。

 私が初めて仮面ライダーに興味をもったのは中学2年の夏休み。バラエティ番組でライダーの特集がされており、一気に興味がわいた。

 それからは毎日のように過去の作品を見まくった。中学時代の私にとって、特撮ヒーローは心の支えだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

586号 2022/9/15

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…