不登校新聞

505号 2019/5/1

大好きなはずの特撮が見れない、私の生きがい無くしちゃいました

2019年04月26日 11:37 by kito-shin

 私は14歳のとき、学校に行くことをやめた。その結果「私は中学生だ」と言えなくなり、アイデンティティをひとつ失った。

 そして今、私はまた、自分の重要なアイデンティティを失おうとしている。それはズバリ、特撮ヒーロー番組だ。

 私が初めて仮面ライダーに興味をもったのは中学2年の夏休み。バラエティ番組でライダーの特集がされており、一気に興味がわいた。

 それからは毎日のように過去の作品を見まくった。中学時代の私にとって、特撮ヒーローは心の支えだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...