不登校新聞

505号 2019/5/1

大好きなはずの特撮が見れない、私の生きがい無くしちゃいました

2019年04月26日 11:37 by kito-shin

 私は14歳のとき、学校に行くことをやめた。その結果「私は中学生だ」と言えなくなり、アイデンティティをひとつ失った。

 そして今、私はまた、自分の重要なアイデンティティを失おうとしている。それはズバリ、特撮ヒーロー番組だ。

 私が初めて仮面ライダーに興味をもったのは中学2年の夏休み。バラエティ番組でライダーの特集がされており、一気に興味がわいた。

 それからは毎日のように過去の作品を見まくった。中学時代の私にとって、特撮ヒーローは心の支えだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学3年で不登校になった女性が「好きなことだけ」して見つけた希望

522号 2020/1/15

転機は「ドラクエ」12年間のひきこもり生活が終わるまで

521号 2020/1/1

毎日泣きながら学校へ通い続けた 私が、不登校できなかった理由

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...