不登校新聞

505号 2019/5/1

大好きなはずの特撮が見れない、私の生きがい無くしちゃいました

2019年04月26日 11:37 by kito-shin

 私は14歳のとき、学校に行くことをやめた。その結果「私は中学生だ」と言えなくなり、アイデンティティをひとつ失った。

 そして今、私はまた、自分の重要なアイデンティティを失おうとしている。それはズバリ、特撮ヒーロー番組だ。

 私が初めて仮面ライダーに興味をもったのは中学2年の夏休み。バラエティ番組でライダーの特集がされており、一気に興味がわいた。

 それからは毎日のように過去の作品を見まくった。中学時代の私にとって、特撮ヒーローは心の支えだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...