不登校新聞

505号 2019/5/1

少年法の適用年齢引き下げに反対 愛知県弁護士「文化の破壊」

2019年04月26日 12:03 by shiko



 少年法の適用年齢引き下げについて、全国の弁護士会らが反対意見を表明するなか、愛知県弁護士会は3月29日、「少年法の適用年齢引き下げに反対し、少年法制の充実を求める意見書」を表明した。

 2000年以降続く厳罰化の流れをふまえ、少年法をめぐる現状を追う。

少年法とは何か

 少年法の基本理念には「少年の健全育成に期する」とある。

 たんに罰を与えることで更生させるのではなく、教育・治療・環境調整などの側面から非行少年を保護することにより社会復帰させるという「保護処分優先主義」に重点を置いている。

 そのため、少年事件はすべて家庭裁判所に送致され、少年一人ひとりのニーズに沿った個別対応が取られるのが原則だ。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...