不登校新聞

505号 2019/5/1

爪が半分になるまで噛んでしまう、小2から自傷を続けた私の今

2019年04月26日 11:40 by kito-shin

 つらいときにしてしまう自傷行為。そんな自傷行為が意味するものはなんだったのか。自身の経験をもとに、不登校経験者・カンバヤシユウさんが執筆した。

* * *

 小学校2年生の時、仲がよかったグループ全員から無視される経験をした。そのとき私は「噛み爪」をしていた。

 爪は通常の面積の半分ほどになり、表面も乾燥して白く汚かった。これが私の最初の自傷行為だった。

リストカットや髪の毛を切って

 中学校2年生のとき、先輩に目をつけられ、うとまれた。私はリストカットを始めた。だが友人が手首に包帯を巻くファッションをしているのを見て滑稽に思えてしまい、やめた。

 それならば、と手首ではなく、太ももの付け根を切ってみた。けれど、痛いだけでしっくりこなかった。

 次に自分の髪の毛を切った。これはハサミの通る感触が気持ちよく、どんどん髪を切るようになった。

 高校2年生のとき、大好きだった彼氏からデートDVを受け、殴られてアザや傷をつくられた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...