不登校新聞

505号 2019/5/1

爪が半分になるまで噛んでしまう、小2から自傷を続けた私の今

2019年04月26日 11:40 by kito-shin

 つらいときにしてしまう自傷行為。そんな自傷行為が意味するものはなんだったのか。自身の経験をもとに、不登校経験者・カンバヤシユウさんが執筆した。

* * *

 小学校2年生の時、仲がよかったグループ全員から無視される経験をした。そのとき私は「噛み爪」をしていた。

 爪は通常の面積の半分ほどになり、表面も乾燥して白く汚かった。これが私の最初の自傷行為だった。

リストカットや髪の毛を切って

 中学校2年生のとき、先輩に目をつけられ、うとまれた。私はリストカットを始めた。だが友人が手首に包帯を巻くファッションをしているのを見て滑稽に思えてしまい、やめた。

 それならば、と手首ではなく、太ももの付け根を切ってみた。けれど、痛いだけでしっくりこなかった。

 次に自分の髪の毛を切った。これはハサミの通る感触が気持ちよく、どんどん髪を切るようになった。

 高校2年生のとき、大好きだった彼氏からデートDVを受け、殴られてアザや傷をつくられた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...