不登校新聞

506号 2019/5/15

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

2019年05月13日 16:23 by kito-shin

 大分県教育委員会は、「不登校児童生徒支援プラン」を発表した。同プランは、不登校児童生徒および保護者への情報提供に加え、行政機関と民間団体の連携により、不登校に関する支援のネットワーク構築を目的に作成されたもの。

確保法施行後の県教委の動き

 同プランの特徴は、教育支援センター(適応指導教室)や児童相談所などの各種行政機関に加え、県内で活動する親の会やフリースクールといった民間団体も一元的にまとまっている点にある。

 大分市、日田市、津久見市などで活動する親の会が13団体、大分市や中津市で活動するフリースクールが6団体など、計50団体が掲載されている。

 この間、大分県教育委員会が取りまとめた資料はこれだけではない。

 2018年3月には若手教員や学級経営に悩む教員に向けた「学級経営力向上ハンドブック」や、「いじめ対策・不登校児童生徒支援ガイド」、同年5月には「大分県フリースクールガイドライン(改訂版)」を相次いで作成している。

学校も重要だが学校外も重要

 こうした取り組みの背景にあるのは、2016年に成立した「教育機会確保法」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...