不登校新聞

506号 2019/5/15

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

2019年05月13日 16:23 by kito-shin

 大分県教育委員会は、「不登校児童生徒支援プラン」を発表した。同プランは、不登校児童生徒および保護者への情報提供に加え、行政機関と民間団体の連携により、不登校に関する支援のネットワーク構築を目的に作成されたもの。

確保法施行後の県教委の動き

 同プランの特徴は、教育支援センター(適応指導教室)や児童相談所などの各種行政機関に加え、県内で活動する親の会やフリースクールといった民間団体も一元的にまとまっている点にある。

 大分市、日田市、津久見市などで活動する親の会が13団体、大分市や中津市で活動するフリースクールが6団体など、計50団体が掲載されている。

 この間、大分県教育委員会が取りまとめた資料はこれだけではない。

 2018年3月には若手教員や学級経営に悩む教員に向けた「学級経営力向上ハンドブック」や、「いじめ対策・不登校児童生徒支援ガイド」、同年5月には「大分県フリースクールガイドライン(改訂版)」を相次いで作成している。

学校も重要だが学校外も重要

 こうした取り組みの背景にあるのは、2016年に成立した「教育機会確保法」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...