不登校新聞

345号(2012.9.1)

たいせつな一冊

2013年07月19日 16:27 by kito-shin


一年ほど前から訳あって神奈川と秋田を毎月往復しています。東日本大震災の約2カ月後、東北自動車道はまだ路肩に亀裂が残っていて凸凹の路面を走ると身体の浮く感覚がそこここにありました。路面の修復は通るたびに進んでいるのがわかります。

そんななか、震災後の被災地を中心にあらためて多くの人が手に取ったという本の話を聞きました。『夜と霧』(ヴィクトール・E・フランクル著/1946年刊/ウィーン出版)は、以前、私自身を救ってくれた一冊でもあり、先日、ひさしぶりに本棚から取り出しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...