不登校新聞

508号 2019/6/15

高校中退で“人生詰んだ”高認という選択肢で僕は救われた

2019年06月11日 12:15 by kito-shin

 今回執筆したザンヌさんは、高校中退後、高卒認定試験に合格し、現在は大学4年生だ。高認の制度や勉強法について、執筆してもらった。

* * *

 僕は高校に入学後、2カ月で行かなくなりました。理由は学校に自分の存在意義を感じられなくなったからです。

 僕のいた高校は部活が盛んで、僕も最初は中学でやっていた陸上を続けるために受験しました。

 しかし、中学の最後の大会で決勝まで進んだこと、そして、その後の駅伝で燃えつきてしまい、高校入学時には陸上に対する想いが完全に冷めていました。

 また、本当は中学のときに、ほかにもやりたいスポーツがあったのですが、親の無理解によりできなくなってしまい、陸上をムリしてやっていた事情もありました。

 陸上をやれなくなると、その高校に入った意味も僕のなかでなくなってしまいました。友人関係も部活の人が中心だったので、とても孤独になり、結局高校も行けなくなりました。

 しかし、高校を不登校し、中退するという現実は、その当時の僕にとって、まさに人生の岐路であり、言ってしまえば「生きるか死ぬか」の選択でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...