不登校新聞

508号 2019/6/15

高校中退で“人生詰んだ”高認という選択肢で僕は救われた

2019年06月11日 12:15 by kito-shin

 今回執筆したザンヌさんは、高校中退後、高卒認定試験に合格し、現在は大学4年生だ。高認の制度や勉強法について、執筆してもらった。

* * *

 僕は高校に入学後、2カ月で行かなくなりました。理由は学校に自分の存在意義を感じられなくなったからです。

 僕のいた高校は部活が盛んで、僕も最初は中学でやっていた陸上を続けるために受験しました。

 しかし、中学の最後の大会で決勝まで進んだこと、そして、その後の駅伝で燃えつきてしまい、高校入学時には陸上に対する想いが完全に冷めていました。

 また、本当は中学のときに、ほかにもやりたいスポーツがあったのですが、親の無理解によりできなくなってしまい、陸上をムリしてやっていた事情もありました。

 陸上をやれなくなると、その高校に入った意味も僕のなかでなくなってしまいました。友人関係も部活の人が中心だったので、とても孤独になり、結局高校も行けなくなりました。

 しかし、高校を不登校し、中退するという現実は、その当時の僕にとって、まさに人生の岐路であり、言ってしまえば「生きるか死ぬか」の選択でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...