不登校新聞

508号 2019/6/15

「学校へ行かなくても大丈夫」と親が言っても子どもが安心しない理由

2019年06月26日 11:48 by kito-shin

連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.14

 長男が不登校したのは中学3年生のときでしたが、小学生時代はとくに行きしぶるようなこともありませんでした。

 息子たちが学校で評価されるようなことがあるときには、私もきちんとほめるということを心がけていました。大きな問題もなく、日々の暮らしに何ら疑問を抱くこともありませんでした。

 ですから、長男が「学校へ行きたくない」と言いだしたときは、本当に驚きました。どちらかと言うと、長男は「わが道を行くタイプ」の子どもでした。

 好きなことには夢中になるけれど、ほかの子どもと協力して何かをやっていくということには、ほとんど興味を示さなかったんです。

 友だちづきあいが苦手なのかもしれないと思った私は、長男を公園に連れて行き、みんなと遊ばせようとしたこともありましたが、うまくいきませんでした。

 アリの行列をながめたり、ダンゴ虫を拾ったりと、長男のマイペースは変わりませんでした。

 私がよかれと思い、いろいろ試したことはほかにもありますが、どれもうまくいきませんでした。それもそのはず、学校文化にどっぷりつかっていた私を信用してもらえるわけがないんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

516号 2019/10/15

ただ褒めるだけはNG、不登校の子どもへの声掛けのコツ

513号 2019/9/1

どうしたら勉強するようになる?不登校の先輩ママが心がけたこと

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...