不登校新聞

509号 2019/7/1

不登校経験者による「作品づくりの夢」、応援始まる

2019年06月25日 12:26 by kito-shin


応募者の作品、メッセージを添えたイラスト

 不登校経験者の子ども若者の表現活動を応援する「子ども若者表現応援基金」の活動が始まった。

 同基金に作品を応募し、審査に通った場合、資金的・精神的なサポートを受けることができる。分野としては、文学、美術、映像、音楽、演劇など、ジャンルは不問。

▽詩集の書籍化
▽ドローンによる空撮映像のYoutube配信
▽音楽CDアルバムの作成
▽エッセイとイラストの電子書籍化

 など、6組が基金からの支援を受けることがすでに決まっている。

 同基金では、寄付(1口5000円)も募集している。詳細は、左記を参照のうえ、問い合わせを。 

【寄付のお願い】
 この基金は、委員長の奥地圭子が2018年に受賞した「毎日社会福祉顕彰」の賞金と設立趣旨に賛同した方々の寄付を原資に始まりました。ご賛同いただける方はぜひご支援のほど、よろしくお願いいたします。(子ども若者表現応援基金委員会一同)

■振込先:ゆうちょ銀行/019店/0392663(当座)
     /子ども若者表現応援基金
■連絡先:(メール)hyogen-info@hyogen.thyme.jp

関連記事

こんなときこそつながる場を、オンライン会議を開催しました

531号 2020/6/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

531号 2020/6/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...