不登校新聞

509号 2019/7/1

不登校の原因は「無気力」ってホント? その裏にある子どもの本音は

2019年07月11日 12:20 by kito-shin


連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.13

 今回は、不登校の要因としてあげられている「無気力」について書いてみます。文科省の調査によると、本人に関わる要因として「無気力」は、3割を占めています。

 この調査は学校が回答しており、不登校の原因について子どもに直接聞いたNHK調査とは結果に大きな隔たりがあったそうです。

 NHK調査について、学校や先生に対するネガティブな意見も目にしましたが、私も同じように初めて「無気力」が高い割合を示している結果を見たときには衝撃を受け、日々接している子とのギャップから、憤りを感じました。

 私は子どもを無気力だと感じたことはなかったし、先生の指導力や理解不足のせいではないか、と思ったのです(そうではないとは言い切れませんが、それ以上にちがう側面もあるような気がするんです)。

 一方、NHK調査を見て考え始めたこともあります。子ども自身が不登校要因のひとつとして「先生」を挙げながら、学校に対して「無気力」な姿を見せるのには、いったいどんな想いがあるのか。それを考えるようになりました。

 私は、学校の研修に呼ばれることがあります。そのなかで、かならずと言ってよいほど「どう対応してよいかわからない子がいる」という相談を受けます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

祖父母と子供の板挟みにあう帰省、フリースクール代表からの助言は

520号 2019/12/15

小学生の不登校は行き場がない、全国的な課題になってます

519号 2019/12/1

学校へ行かない兄が登校してる妹をいじめる。きょうだい問題が起きたときは

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...