不登校新聞

509号 2019/7/1

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

2019年06月25日 10:57 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.34

 「コミュニケーション力が大切だ」という意見をよく耳にする。「勉強よりもコミュニケーション力が重要」という意見も、フリースクールのスタッフになってから聞くようになった。

 しかし、コミュニケーション力があるとは、どんな状態なのか。よく考えてみるとわからなくなる。「上手に話せる人」というのは誰が上手や下手を決めるのか。

 「報告・連絡・相談」だけができても味気なさすぎると言うか、違和感がある。

 「自分の気持ちを伝えられる」という状態ならば……、いやいや、自分の気持ちをわかることだけでもすごいことだろう、と思う。とくに子どもならば。

コミュニケーション力?

 そう考えると「コミュニケーション力」がよくわからないのだが、個人的には「基本的な言葉を使えること」ではないかと思っている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...