不登校新聞

509号 2019/7/1

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

2019年06月25日 10:57 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.34

 「コミュニケーション力が大切だ」という意見をよく耳にする。「勉強よりもコミュニケーション力が重要」という意見も、フリースクールのスタッフになってから聞くようになった。

 しかし、コミュニケーション力があるとは、どんな状態なのか。よく考えてみるとわからなくなる。「上手に話せる人」というのは誰が上手や下手を決めるのか。

 「報告・連絡・相談」だけができても味気なさすぎると言うか、違和感がある。

 「自分の気持ちを伝えられる」という状態ならば……、いやいや、自分の気持ちをわかることだけでもすごいことだろう、と思う。とくに子どもならば。

コミュニケーション力?

 そう考えると「コミュニケーション力」がよくわからないのだが、個人的には「基本的な言葉を使えること」ではないかと思っている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...