不登校新聞

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

2019年06月25日 10:55 by kito-shin

 2019年5月13日、有識者による「不登校に関する調査研究協力者会議」と「フリースクール等に関する検討会議」の合同会議が文部科学省で開かれ、「民間の団体・施設との連携等に関する実態調査」の結果が公表された。

 調査対象は、教育委員会のほか、知事部局や国公立大学法人など1964団体。そのうち、民間の団体・施設と「連携していない」と答えたのは1674団体と、全体の85%におよぶことがわかった。

 2017年に施行された「教育機会確保法」の基本理念には、行政と民間の連携が明記されている。

 同法施行後の不登校児童生徒の対応にあたり、教育委員会等と民間団体との連携の現状を把握するのが、今回の調査の目的だ。

連携していないその理由とは

 「連携していない」理由(複数回答)について、もっとも多かったのは「域内に民間の団体・施設がないため」(55・4%)だった。

 以下、「不登校の児童生徒が利用できる施設(教育支援センター等)が他にあるため」(51・1%)、「利用を希望する不登校の児童生徒が少ないと見込まれるため」(21・8%)と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...