不登校新聞

345号(2012.9.1)

論説「発達障害と裁判員裁判」

2013年07月23日 14:44 by kito-shin



裁判員裁判がはじまって3年。職業裁判官によるかつての裁判に比べて、何がどう変わったのかを具体的に検証しなければならない時期がきている。しかし現状の制度下では、じつは、そうした検証がほとんどできない構図になっている。最大のネックは、裁判員が判決後も評議の内容を外に公表することを禁じられていることにある。

 この点で最近非常に気になった裁判がある。本紙344号でも報じられた殺人事件である。実姉を文化包丁で刺し殺した42歳の男性に対し、検察の求刑は16年だったにもかかわらず、大阪地裁はそれを上回る懲役20年の判決を下した。アスペルガー障害ゆえに「十分な反省の態度を示すことができない」ことがその大きな理由だったという。


この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...