不登校新聞

304号(2010.12.15)

わが家の場合「台風の目は夫でした」

2013年10月09日 11:33 by kito-shin



◎台風の目は夫でした


 私が「リアル不登校」に出会ったのは、いまから5年ほど前。真ん中の子どもが中学半ばで学校に行かなくなったときです。
 上の子は高校生、下の子は小学生で、学校に行っているはずの子が毎日家に居る状況のなか、上の子もときどき「自主的な欠席」をするようになり、下の子も1年ほどして行かなくなりました。

 それまで本や人からの話で「不登校」について多少知ってはいたし、その過程で「これはもしかしたら」という「予感」もあったので、それが現実(リアル)になったとき、私自身は受けいれるまでにそれほど時間はかからなかったのです。しかし、いよいよ「行かない」となったとき、家のなかはざわつき始めました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...