不登校新聞

510号 2019/7/15

不登校・ひきこもりイベント情報

2019年07月12日 13:18 by kito-shin

”子どもの権利”でつながる

 2019年8月25日、大阪府大阪市にて「『子どもの権利』で、つながろう!~『教育』の今を語り、明日を拓く」(主催・公益社団法人子ども情報研究センター)が開催される。今年は、「子どもの権利条約」が国連で採択されて30年、同条約を日本が批准して25年という節目にあたる。

 「子どもの権利条約」とは、18歳未満を子どもと位置づけ、すべての子どもたちに自らが権利を持つ主体であることを約束した条例。2019年現在、国連加盟国数を上回る196の国と地域で締約され、世界でもっとも広く受けいれられている人権条約である。

 当日は、ふたつの講演会に加え、講師を交えたディスカッションが企画されており、子どもの権利という視点から、教育の現状と今後を考える予定だ。

 講師を務めるのは、教育コーディネーターの武田緑さん。教育に関わるNPOを立ち上げ、長く代表を務めたのち、現在はフリーランスとして、民主的な教育を広げる活動をしている。

 もうひとりの講師は、前川喜平さん。元文部科学省事務次官であり、現在は自主夜間中学のスタッフとして活動するかたわら、執筆活動を行なっている。

「子どもの権利」で、つながろう!

日 時 2019年8月25日(日)
    14時半~17時45分
会 場 HRCビル5階ホール
    (JR/大阪メトロ「弁天町」より徒歩10分)
講 師 武田緑さん(教育コーディネーター)、前川喜平さん(現代教育行政研究会代表)、濱本伸彦さん(京都造形芸術大学
    教員)ほか
参加費 一般1500円、17歳以下無料
主 催 子ども情報研究センター
連絡先 06-4708-7087
    kenshu@kojoken.jp

7月中旬以降のイベント

7月20日(土)/愛知県名古屋市
■こどもセンター「パオ」13周年記念イベント
 「子どもの声をきく、とどける、つなげる~子どもの権利条約採択30年に考える」
会 場 イーブルなごや
時 間 13時~16時
講 師 多田元さん(弁護士)、矢野きよ実さん(タレント)ほか
参加費 無料(定員300名)
主 催 NPO法人子どもセンター「パオ」
連絡先 052-931-4680

7月20日(土)/兵庫県神戸市
■公開講座「若者が語る不登校~あの時の葛藤とこれからの希望と」
会 場 NPO法人ふぉーらいふ多目的室
時 間 14時~16時
講 師 宇陀直紀さん(奈良スコーレ代表)
参加費 500円
主 催 NPO法人ふぉーらいふ
連絡先 078-706-6186(中林)

7月20日(土)/佐賀県佐賀市
■講演会「学校へ行けなかった僕の毎日が宝物と思えるまで」
会 場 佐賀市青少年センター
時 間 14時~16時
講 師 棚園正一さん(マンガ家)
参加費 2000円
主 催 佐賀に理想のオルタナティブスクールをつくる会
連絡先 0952-30-4960

7月21日(日)/大分県大分市
■講演会「不登校・ひきこもりのその後~自分の人生を歩む」
会 場 大分ホルトホール409会議室
時 間 13時~16時
講 師 加嶋文哉さん(星の会代表)
参加費 1000円(資料代として)
主 催 教育・不登校研究所「明日が見える」
連絡先 080-2717-9392(加嶋)

7月28日(日)/富山県富山市
■「ひきこもり問題の理解促進と支援力向上のための研修会」
会 場 富山県教育文化会館1階集会室
時 間 10時~16時15分
講 師 高和洋子さん(はぁとぴあ21理事長)、
    丸山康彦さん(ヒューマン・スタジオ代表)ほか
参加費 10000円
主 催 KHJ全国ひきこもり家族会連合会、
    はぁとぴあ21
連絡先 03-5944-5250
    info@khj-h.com

7月28日(日)/宮崎県日南市
■講演会「自己決定を支える合理的配慮としてのコミュニケーション支援」
会 場 日南市創客創人センター大会議室
時 間 10時~12時
講 師 門眞一郎さん(児童精神科医)
参加費 1000円(資料代として)
主 催 サザンウィンド
連絡先 0987-22-2330
    minamikaze2010@yahoo.co.jp

【不登校関連のイベント情報】に情報掲載をご希望の方は、東京編集局(担当:小熊)までご連絡ください。
(FAX)03-6912-0982
(メール)tokyo@futoko.org

7月中旬以降の相談先、「親の会」日程

第3水曜日(17日)
■カマクラ「風の谷」例会(神奈川)
連絡先 0467-22-2771(渡邉)
■ブルースカイ親の会(長野)
連絡先 026-278-7223(松田)

第3木曜日(18日)
■不登校・ひきこもりを話す市民の会(兵庫)
連絡先 078-360-0016

第3金曜日(19日)
■神栖親の会ひまわり(茨城)
連絡先 090-4249-6253(原野)

第3土曜日(20日)
■不登校に学ぶ船橋の会(千葉)
連絡先 047-422-3708(船橋教職員組合内、不登校に学ぶ船橋の会 山口・岡)
■不登校の子どもを持つ親・保護者の会(東京)
連絡先 03-5678-8171(東京シューレ葛飾中学校)
■ふぉーらいふ親の会「たんぽぽ」(兵庫)
連絡先 078-706-6186
■Wish親の会(岐阜)
連絡先 0572-24-3257(大池)
■親の会たんぽぽ(長崎)
連絡先 090‐9723‐2651(古豊)
■子どもについての悩みを語り合う会in河内長野(大阪)
連絡先 0721-54-3301(永田)

第3日曜日(21日)
■登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会(函館市)
連絡先 090-6261-6984(野村)
■登校拒否を考える会(東京)
連絡先 03-5993-3135
■栃木登校拒否を考える会(栃木)
連絡先 0282-23-2290(石林)
■登校拒否を考える親・市民の会(鹿児島)
連絡先 099-258-7188(内沢)
■子午線ファミリー定例会(兵庫)
連絡先 078-961-6441(出水)
■不登校を考える親の会(兵庫)
連絡先 0798-75-2618(河村)
■ニート・ひきこもりの家族会(岐阜)
連絡先 090-7432-9158(中川)
■板橋 不登校・ひきこもりの子を持つ親の会(東京)
連絡先 03-6784-1205
■あんだんて(愛媛)
連絡先 089-932-3058(西井)
■シャロームカフェ(滋賀)
連絡先 080-3845-2318(衣斐)
■日野市不登校を考える親と子の会(東京)
連絡先 090-3530-4122(大森)
■松江不登校を考える会「カタクリの会」(島根)
連絡先 0852-26-5286(吾郷)

第4月曜日(22日)
■なないろ・みらい(埼玉)
連絡先 070‐6670‐3379(加藤)
*毎週金曜日にも開催

第4火曜日(23日)
■カラコルの会(大分)
連絡先 090-1190-9693(三苫)

第4水曜日(24日)
■うらわ不登校を考える会(埼玉)
連絡先 048-886-7126(伊藤)

第4木曜日(25日)
■ほっとすぽっと“よかっ種”(神奈川)
連絡先 046-264-0225(斉藤)
■カフェたんぽぽ(神奈川)
連絡先 080-5675-8284(後藤)

第4土曜日(27日)
■練馬・登校拒否を考える親の会(東京)
連絡先 03-3923-7132(水村)
■Tea Time例会(神奈川)
連絡先 044-852-5890(田坂)
■NPO法人ビーンズふくしま親の会(福島)
連絡先 024-563-6255
■みなものまんま会(大阪)
連絡先 06-6881-0803(フリースクールみなも)
■クリオネ(不登校の子どもをもつ親の会)(千葉)
連絡先 047-379-7519(波多野)
■不登校を考える親の会ほっとそっとmama(愛媛)
連絡先 080-5669-7147(近藤)
※こんぺいとうの花の会も同時開催

第4日曜日(28日)
■学校に行かない子と親の会(大阪)
連絡先 06-6977-3118
※20代(10代後半)の若者を持つ親の会も同時開催
■学校に行かない子をもつ親の会・KOCHI例会(高知)
連絡先 088-842-5850(胡摩崎)
■不登校を考える親の会・不登校ネットワーク(兵庫)
連絡先 078-360-0016
■昴の会~不登校をともに考える会(北斗市)
連絡先 090-9435-3245(内藤)
■名古屋北部・不登校親の会(愛知)
連絡先 052-916-3496
■「青い森でのびのび育つ会」(青森)
連絡先 aoimorinobi@gmail.com(千葉)
■おーぷんはうす例会(石川)
連絡先 076-285-1756(高橋)

毎月金曜日
■不登校の親の会(広島県福山市)
連絡先 084-965-6625(奥野)

Web上にて常時開催
■不登校新聞メーリングリスト
連絡先 mail@futoko.org(小熊)

【親の会例会情報の掲載について】
「全国の不登校・ひきこもりの親の会例会情報」への掲載を希望される場合は、①開催日時②親の会の名称③連絡先④担当者名を明記のうえ、東京編集局までお送りください。

【全国不登校新聞社 東京編集局】
(FAX)03-6912-0982(担当:茂手木)
(メール)tokyo@futoko.org

関連記事

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

510号 2019/7/15

不登校経験者による「作品づくりの夢」、応援始まる

509号 2019/7/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...