不登校新聞

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

2019年07月12日 16:45 by kito-shin

 彦田来留未さんは2009年、フリースクールに通う仲間と「不登校の子どもの権利宣言」をつくった。あれから10年、いま新たなプロジェクトを進めているという。

* * *

 「『子どもの権利』ってなんだろう。学校でつらい思いをしてきた私たちの権利は、どうなっているんだろう?」。

 そんな疑問から、私たち「フリースクール東京シューレ」に通う有志メンバーは「子どもの権利条約」を学ぶことになった。2008年のことだ。

 誰かに教わるのではなく、子どもとスタッフがいっしょになって、子どもの権利条約を一条一条読み解いていく自主学習の場だった。自分たちの経験と照らし合わせながら、ディスカッションを何時間も重ねた。

 そして講座が始まって1年半が経った2009年の夏。「子どもの権利条約」が採択されてから20年のこの年に、「不登校の僕たち自身の権利宣言をつくろう」という提案が講座メンバーからあった。

 講座に参加していなかった人まで加わり、権利宣言づくりが始まった。自分たちの不登校経験や思いを山のように出し合って、文をまとめていった。夏休みも朝から夜まで48時間にわたり話し合いを重ねた。

 そして「私たちには(中略)学校へ行く・行かないを自身で決める権利がある」「私たちには、学びたいことを自身に合った方法で学ぶ権利がある」などの文言をもりこんだ「不登校の子どもの権利宣言」が完成。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小2から不登校だった私。「失敗」を重ねたら生きやすくなった

536号 2020/8/15

家族や学校から孤立していた私が「生きづらさ」の先に見えた世界

536号 2020/8/15

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...