不登校新聞

510号 2019/7/15

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

2019年07月12日 14:07 by kito-shin

 先日、たまたま小学校の前を通りがかったときに、当時のツラかった記憶がよみがえってきた。

 学校は私にとって監獄のような場所だった。教師の厳しい監視の目、目立つ生徒がすべてを牛耳る教室、つねにいじめのターゲットを探している生徒たち。

 私は毎日のように陰口を言われていたが、先生に何を言ってもまったく取り合ってくれなくて、ひたすら苦痛だった。

 学校がツラくてしょうがなくて、本を読んだり、テレビを観て希望になる言葉や価値観を探した。「逃げてもいいんだよ」「以前はツラかったけど、今は幸せに生きてます」という言葉をたくさん見つけることができた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...