不登校新聞

510号 2019/7/15

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

2019年07月12日 14:07 by kito-shin

 先日、たまたま小学校の前を通りがかったときに、当時のツラかった記憶がよみがえってきた。

 学校は私にとって監獄のような場所だった。教師の厳しい監視の目、目立つ生徒がすべてを牛耳る教室、つねにいじめのターゲットを探している生徒たち。

 私は毎日のように陰口を言われていたが、先生に何を言ってもまったく取り合ってくれなくて、ひたすら苦痛だった。

 学校がツラくてしょうがなくて、本を読んだり、テレビを観て希望になる言葉や価値観を探した。「逃げてもいいんだよ」「以前はツラかったけど、今は幸せに生きてます」という言葉をたくさん見つけることができた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...