不登校新聞

510号 2019/7/15

将来がわからないのに「学校を休んで」なんて言えません。フリースクール代表の回答は

2019年07月12日 14:12 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.14

 今回のテーマは「無責任に『学校を休んでいいよ』とは言えない」ということについてです。『不登校新聞』の編集部を通じて、次のような相談がありました。

 「息子は学校へ行くのがとてもつらいようです。でも、私は息子に『学校を休んでいいよ』とは言えません。だって、学校を休んだらその先にどうなるのか。それがわからないからです。将来のことがわからないのに、無責任なことは言えない。そう思って、息子には何も言えません。私はどうすればよいのでしょうか」。

 この相談をいただいたときに、その気持ちがすごくわかる、と思いました。

 ひとつは親としての心情です。私も親として(頭ではわかっているつもりでも)「休んでいいよ」と言うことには抵抗感があります。

 また、子育てそのものが、学校へ行くという前提があるようにも感じます。学校とはちがう学びを考えることができる方は、まだ少数ではないでしょうか。

 「義務教育」という名のプレッシャーもあります。不登校は「出席させない正当な事由」として就学義務違反には当たらないのですが、それでも、周囲の目があります。それだけに親としての苦しみもまた、子どもと同じようにあるのだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の人が毎朝、起きる時と起きない時の心境

524号 2020/2/15

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

523号 2020/2/1

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...