不登校新聞

510号 2019/7/15

将来がわからないのに「学校を休んで」なんて言えません。フリースクール代表の回答は

2019年07月12日 14:12 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.14

 今回のテーマは「無責任に『学校を休んでいいよ』とは言えない」ということについてです。『不登校新聞』の編集部を通じて、次のような相談がありました。

 「息子は学校へ行くのがとてもつらいようです。でも、私は息子に『学校を休んでいいよ』とは言えません。だって、学校を休んだらその先にどうなるのか。それがわからないからです。将来のことがわからないのに、無責任なことは言えない。そう思って、息子には何も言えません。私はどうすればよいのでしょうか」。

 この相談をいただいたときに、その気持ちがすごくわかる、と思いました。

 ひとつは親としての心情です。私も親として(頭ではわかっているつもりでも)「休んでいいよ」と言うことには抵抗感があります。

 また、子育てそのものが、学校へ行くという前提があるようにも感じます。学校とはちがう学びを考えることができる方は、まだ少数ではないでしょうか。

 「義務教育」という名のプレッシャーもあります。不登校は「出席させない正当な事由」として就学義務違反には当たらないのですが、それでも、周囲の目があります。それだけに親としての苦しみもまた、子どもと同じようにあるのだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「見守るのがつらい」親がそう思ったら読んでほしいこと

516号 2019/10/15

休み明けだからこそ、親の思いを伝えて フリースクール代表の思い

513号 2019/9/1

不登校の子の夏休みの過ごし方 保護者にとって大事なコツは

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...