不登校新聞

345号(2012.9.1)

かがり火

2013年08月19日 12:11 by kito-shin


「原発ゼロ」。これは多くの国民の意見であることは公聴会や各種調査でもはっきりしている。福島の人々の苦しみも大変なものだ。

3・11をきっかけに、いつのまにか原発日本列島にしてしまった恐怖と愚かさに気がついて、原発に依存しない社会をはっきり求め始めた。ところが政府は、大飯原発の再稼働を認め、脱原発への方向性もさっぱり見えない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...