不登校新聞

513号 2019/9/1

ひといき

2019年08月28日 14:06 by kito-shin
2019年08月28日 14:06 by kito-shin

 9月1日は私の誕生日だ。

 始業式の日であり、 友だちに忘れられることもなく新学期の開始と同時に「おめでとう」と言ってもらってきた。当時は今よりも少しのどかな時代だったような気もするが、きっとそのころも9月1日が憂うつでたまらない子どももいたことだろう。

 9月1日は暦では「二百十日」であり、1年で一番台風が来る日と言われている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…