不登校新聞

513号 2019/9/1

教育機会確保法、成立 不登校の歴史Vol.513

2019年08月28日 14:15 by kito-shin

 前号で、教育機会確保法の審議が半年ぶりに国会で再開され、付帯決議が提案された、2016年11月18日の衆議員文部科学委員会について紹介した。

 その際「この付帯決議とともに、賛成多数と採決され」と述べたが、とても感動したシーンがあったので追記したい。

 社民・共産は法案そのものには反対だったから、法の採決は「賛成多数」で決定されるのであるが、「付帯決議」の提案に対しては、傍聴している私の目の前で、両党の議員がぱっと起立したのである。これにはジーンときた。

 のちに議事録を見ると、議長をやっていた永岡委員長が「起立総員」と宣言したことが記録されている。全員が起立したのだった。

 付帯決議には「追いつめないように」など重要なことが述べられており、私も賛成であり、この付帯決議とともに、法が活用されていけば、より安心である。

 4日後の11月22日には、衆議院の本会議が開かれた。

 「いよいよ本会議」と思い、保護者の方々、学生、高等部の子ども、フリースクールスタッフ、市民団体の方々とともに傍聴に行った。

 荷物を預け、傍聴券をチェック、階段をたくさん昇り、傍聴席へ。はるか下のほうに、テレビで見慣れた本会議場の風景が見えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学習指導要領」が変わった 不登校の歴史vol.518

518号 2019/11/15

ひといき

518号 2019/11/15

かがり火

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...