不登校新聞

513号 2019/9/1

失ったのはキラキラした学校生活だけじゃない。私の喪失感の中身とは

2019年09月01日 09:55 by motegiryoga


執筆者 喜久井ヤシンさん

 不登校・ひきこもり経験者の喜久井ヤシンさん。自分自身に残る「喪失感」について書いてもらった。

* * *

 私はユーチューブに出ている学生の映像を見て号泣したことがある。べつに全然特別な場面ではない。

 放課後に寄り道をしているとか、どうでもいい話をして笑ってるとか、何気ない日常を映しただけの映像だ。それなのにたまらなく悲しくなってきて泣けてくる。

 この複雑な感情を言葉にするなんてできないと思えるが、一言で言えばたぶん「喪失感」というありがちなやつだ。

学校を知らない

 私は小学校から学校へほとんど通わないで大人になった。小説や青春ドラマで出てくるような、学校のキラキラした感じをまったく知らない。

 クラス内での恋愛とか、年に一度の文化祭とかをひとつも経験していないのだ。その意味ではリアルな学校も、私にとっては「ハリー・ポッター」の魔法学校と変わらない空想の世界である。

 私の喪失感は、学校のよかった部分だけではなく、悪かった部分にも反応しているのでたちが悪い。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

550号 2021/3/15

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...