不登校新聞

513号 2019/9/1

休み明けだからこそ、親の思いを伝えて フリースクール代表の思い

2019年08月30日 14:22 by shiko

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.16

 今回のテーマは、「夏休み明けに思うこと」です。

 「平成27年版自殺対策白書」(内閣府)における「18歳以下の日別自殺者数」のショックは今でも覚えています。9月1日が突出して多いのです。

 不登校の子も、そうでない子も、長期休みが明けることに、とても大きな不安があることが伝わってきます。

 夏休み明けはフリースクールへの相談数が増える時期とも重なることから、私も感覚的にはわかっているつもりでしたが、数値として目の当たりにすると、淋しい気持ちでいっぱいになりました。

 インパクトの大きいこの事実に対して、たとえば『不登校新聞』においても樹木希林さんが「どうか死なないで」というメッセージを残しているほか、多くの著名な方が、生きてほしいといったコメントをさまざまなメディアに寄せています。

 また、ある図書館は「学校が死ぬほどつらい子は図書館へいらっしゃい」とSNSで発信しました。家にいるつらさもあることを思えば、どこかちがう場へ行く選択肢もあることはもっと広まるべきです。

 そして、そんなたくさんの思いが、子どもまで届いてほしいと願っています。誰の声が届くかはわかりません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...