不登校新聞

513号 2019/9/1

ただ褒めるだけはNG、不登校の子どもへの声掛けのコツ

2019年09月02日 15:31 by koguma

連載「母親の気持ちが落ち着くとき」vol.15

 児童精神科医の故・渡辺位さんがアドバイザーとして参加していた「親ゼミ」という親の会があります。

 あるとき、参加していたお父さんが「同じ言葉でも受け手によってちがう。一筋縄ではいかない」と話したことがあります。

 渡辺さんは「言葉がひとつの意味だけではないと、何をきっかけに思われたのですか」と尋ねました。

 そのお父さんは「子どもとの関係で見えてきた」と答えました。同じ言葉を話しかけたのに、子どもが和やかな反応をするときもあれば、怒ったような反応をするときもあると気づいたというのです。

 それを聞いた渡辺さんはたった一言、「その第一歩を忘れずにいてください」とおっしゃいました。あのときのやりとりは、今でも私の心に強く焼き付いています。

 親の会でも「子どもが不登校になったり、ひきこもったりしたとき、どんな言葉をかけたらよいのでしょうか」という質問はよく出ます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

516号 2019/10/15

「学校へ行かなくても大丈夫」と親が言っても子どもが安心しない理由

508号 2019/6/15

どうしたら勉強するようになる?不登校の先輩ママが心がけたこと

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...