不登校新聞

298号(2010.9.15)

声「堪能、夏合宿」

2013年10月10日 16:35 by kito-shin


 8月21日、22日に開催された 「登校拒否・不登校を考える全国合宿in福島」に参加しました。
 
 合宿では成長されたお子さん方の話を聞いたり、多田弁護士や芹沢俊介さんの講演を聞いたり、お母様方とおしゃべりしたり、ひさしぶりにお顔を拝見して元気をいただいたりと充実した時間を過ごしました。
 
 目から何度もうろこが落ちて、やっぱり合宿はいいなあ……、と感じています。
 
 実行委員の大岡桂子さんはじめ、福島のお母さん、お父さん方、フリースクール関係の方々、暑いなか、準備お疲れさまでした。いろんなお話を聞くことで、自分の気持ちが整理できました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...