不登校新聞

514号 2019/9/15

佐賀のバルーンフェスはすばらしい

2019年09月11日 13:11 by kito-shin

 大雨の被害見舞いと孫の誕生祝を兼ねて佐賀まで行ってきた。テレビの生中継で見た佐賀駅の構内の浸水もすっかり片付けられていた。

 それでも佐賀市内の美術館や博物館の出入り口浸水による機械系統の故障のため、ほとんどで手作業で開閉され、無料公開されていた。閉館せずに無料で公開するという判断はすばらしいと思った。

 佐賀平野は稲刈りが済むと、広々とした田園と高い空が残るだけだが、そこにバルーンを上げてイベントを開こうとする発想には驚かされる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...