不登校新聞

515号 2019/10/1

不登校・いじめ対策76億円。いったい何に使うお金なのか

2019年09月26日 12:05 by koguma

 文科省は2019年8月29日、2020年度予算の概算要求を発表した。いじめや不登校に関連する要求額として、約76億円を計上した。

経済的支援、初の試みも

 今回の概算要求には新規の補助事業として「不登校児童生徒に対する支援推進事業」が盛り込まれている。

 「不登校児童生徒に対する支援体制の整備推進」(要求額2億200万円)をみると、「学校以外の場で相談・指導を受ける不登校児童生徒のための経済的支援」とある。

 フリースクールや教育委員会が設置する教育支援センターに通う場合にかかる交通費や体験活動費の1/3を補助金で支援するというもので、文科省として初の試みとなる。

 文科省が2018年度に行なった実態調査によれば、教育委員会などから交通費等の補助を受けている民間団体はおよそ12%であり、会費の補助となると、8%にとどまる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

10代前半の自殺、100年ぶりの高水準に上昇

516号 2019/10/15

多様な学びとは何か 全国のフリースクール関係者が議論

516号 2019/10/15

和解成立も原告からの話し合いを市が拒否【愛知県大府市いじめ裁判】

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...