不登校新聞

297号(2010.9.1)

゛悩んで掴んだ自信の種゛ 夏の全国合宿in福島

2013年10月15日 17:24 by kito-shin



全国から500名の親・子どもが集う


 8月21日~22日にかけて、「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿in島」が福島県・磐梯熱海で開催され、およそ400名の参加があった。また、あわせて行なわれた「夏の全国子ども交流合宿2010『カピバラ』in島」には、全国から100名の子どもたちが参加した。

 初日のプログラムは、子どもシンポジウム「聞いてよ、僕らの気持ち」から始まった。小川はるかさん(埼玉県・14歳)、北原浩和さん(長野県・14歳)、飯村佑太さん(福島県・14歳)、工藤健仁さん(東京都・17歳)の4名が登壇。不登校になったきっかけや、不登校生活ではどうすごし、何が苦しかったか、また何に支えられたのかなど、会場に詰めかけた参加者は子どもの生の声に聞き入っていた。

 つづいて、3つの講演が行なわれた。「わが子が不登校になったとき」では心理カウンセラー・内田良子さん、「発達障害と不登校」では精神科医・高岡健さん、「子どもの自己肯定感」では弁護士・多田元さんが講師を務めた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...