不登校新聞

516号 2019/10/15

集団に入ると体が動かない園児の息子。その理由がやっとわかりました

2019年10月14日 12:26 by shiko

 入園してから4週目を迎えるころ、繊細で感受性の鋭い気質の息子たけるも、だいぶ幼稚園に慣れてきました。ゴールデンウィークに入っても、「そんなに長くなくていいのに。早く行きたい」と言うほど。連休が明けても、ふり出しに戻ることなく、園での虫取りや、ごっこ遊びの再開を喜んでいるようでした。

 しかし、それでも苦手なことは苦手、それは一貫しています。たとえば、ほかの園での交流会や、小学校校舎で行なわれる催し全般。

 これらにかぎっては、ママがいっしょだろうとまわりがサポートしていようと、いっさいの笑顔が消え、表情がなくなります。

 なかでも、ほかの園と合同で行なわれる大人数の運動教室は大の苦手でした。

 運動教室が始まると、アンテナを張りめぐらせるように、注意深く周囲を観察するたける。自分と同じように嫌がっているのに、大勢の波に押し流されていく子どもたちの姿も目に映っていたようで、たけるの身体も固くなってきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

家族全員が明るくなった義務教育の「義務」の意味

522号 2020/1/15

登園をしぶる息子の「これから」が見えた2人だけの川遊び

521号 2020/1/1

「息子をがんばらせすぎたのかも」方針を見失った私への夫の助言

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...