不登校新聞

372号 (2013.10.15)

かがり火

2013年10月11日 15:12 by kito-shin


 あまり知られていないニュースなので、本欄で取り上げておきたい。9月末、「フリースクール環境整備推進議員連盟」が解散した。時代を感じて胸が痛む。

 議連の立ち上がりは08年、フリースクール高等部の通学定期券の適用を求めて、子どもたちもいっしょに議員さんに会って訴えるなどの運動を受けて、民主党の小宮山洋子議員が積極的に動いてくださり、誕生した。

 賛同し、つながってくださった議員は超党派で30名を超え、自民党の鈴木会長、馳幹事長、そして小宮山洋子事務局長の組織で出発した。通学定期がなんとか適用できないかと動いてくれ、議連総会では、JRや文科省をも同席させ、私たち市民側の子どもや保護者の声を聴いてもらった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...