不登校新聞

516号 2019/10/15

10代前半の自殺、100年ぶりの高水準に上昇

2019年10月14日 12:34 by shiko
2019年10月14日 12:34 by shiko


人口動態統計より

 毎年発表されている人口動態統計を本紙が分析したところ、10代前半の自殺率が約100年ぶりの高水準になっていたことがわかりました。

 統計によると、10代前半の自殺率は1940年から1990年までのあいだは10万人あたりおおむね1人以下の水準が維持されていました。

 しかし、2000年ごろから増加を始め、最新の2018年の統計(月報年計・概数)では、10代前半の自殺率は1・9人。高水準だった100年前の水準を上まわっていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…