不登校新聞

516号 2019/10/15

自分の不登校理由、どうしても見つかりませんでした

2019年10月21日 12:14 by kito-shin

 不登校は小学5年生の夏休み明けからです。夏休みが明けて、学校へ行ったり、行かなかったりをくりかえして、保健室登校を始めて、また行ったり行かなかったり(笑)。どうして行きたくないのか、いまも理由はわかりません。とにかく行きたくないし、お腹は痛いし、と。

行けない理由が見つからない

 そうこうしているうちに小学校を卒業し、中学校に入学しました。今度は、引っ越しもして学校も変わり、祖父母との同居も始まって、体面上、行かないわけにもいかない。なにより「学校へ行けなくなる理由」が自分のなかで見つからない。入学式当日は、自信満々で登校しましたが、翌日から、もうお腹が痛い(笑)。その後は、ほとんど学校へ行ってません。
 
 祖母は元教師で、いろいろと言ってくるし、僕もどこかへ行かなければと思い、フリースクール「東京シューレ」に通い始めました。でもそれはアリバイづくりというか、シューレに通っている証拠だけ残して帰るのが目的で(笑)。そのうちに2人の臨床心理士が家を訪れて、家のなかが安全な場所ではなくなってしまったんです。それで東京シューレに、と。もちろん、いい動機とは言えませんが、いまでは東京シューレのなかで実行委員会やバンド活動など楽しくすごせています。それとアルバイトもいまは週3日しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親はちょっと黙って見てて」14歳不登校経験者が目指す未来

517号 2019/11/1

7年ぶりに部屋から出た僕に、母が言った意外な一言

517号 2019/11/1

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...