不登校新聞

517号 2019/11/1

増加する子どもたちの自殺、何が私たちにできるのか

2019年11月01日 12:13 by kito-shin

 子どもの自殺が増加している。子どもたちが自ら命を絶つという悲劇が毎年くり返されている。日本全体では自殺者が減少するなかで、小中高校生では減っていない。自殺を減らすために何ができるか考えてみたい。

 子どもの自殺はいじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭問題や精神疾患など複雑な要因からリスクの高い状態となり、そのうえでなんらかの出来事が引き金になって起こると考えられている。

 いじめは深刻な問題ではあるが、いじめ予防だけでは不十分だろう。

 まずは一人ひとりの子どもの置かれた状況をよく理解して、子どもの声に耳を傾ける姿勢が周囲に求められている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

令和版人生ゲームにはユーチューバ―も登場。「東京おもちゃショー」に行ってきました

517号 2019/11/1

小中学生不登校13万人時代 不登校の歴史vol.517

517号 2019/11/1

ラグビーはよくわかりませんでした【編集後記】

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...