不登校新聞

517号 2019/11/1

小中学生不登校13万人時代 不登校の歴史vol.517

2019年10月28日 11:37 by kito-shin

 2017年、「教育機会確保法」の新法体制のもと新しい年度が始まった。法律が変わったら、すぐ世の中が変わるか。そんなことはない。

 しかし、学校復帰が前提の国の指導体制が、そうではなくてよくなった。休みの必要性や学校外の学びの重要性も認められ、公民連携が謳われ、一人ひとりの状況に応じた支援が定められての一年目である。どう法を知ってもらい、私たち自身も、どう法を使えるか、である。

 このころの不登校の状況をみておこう。

 平成28年度学校基本調査によると、小学生の不登校3万1151人、中学生10万3247人、小中計約13万4000人。それに高校生約4万8000人を入れると約18万人である。小中学生は、ここ4年増加し続けており、高校生は4年減少している。

 そのうち、年間90日以上の欠席は、不登校児童生徒数の57・6%を占める。ということは、長期に及ぶ不登校が多い、ということである。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

法成立後3年目 不登校の歴史vol.534

534号 2020/7/15

かがり火

534号 2020/7/15

ひといき

534号 2020/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...