不登校新聞

517号 2019/11/1

学校へ行かない兄が登校してる妹をいじめる。きょうだい問題が起きたときは

2019年11月01日 12:08 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.18

 今回は不登校ときょうだい関係というテーマでお話をしてみたいと思います。以下のような相談をいただきました。

兄は不登校、妹は登校中

 「わが家には小学生の子が2人います。兄が小学校4年生で、妹が小学校1年生。兄が不登校になり、今は家のなかでは自由にさせています。ところが、兄が妹を攻撃するので困っています。妹の物を取りあげる。いやみを言い続けるなどです。兄は私と2人なら問題は起きませんが、3人でいると、ちょっかいを出します。どうしたらいいのかと困っています」。

 私自身、2人の子を持つ親として、日々、子育ての難しさを感じていますが、不登校という状況が生じたことで、そんな難しさがより色濃く見えてくることがあります。

 私たちのフリースクールの「親サロン」でも、きょうだいのことが話題に上がります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...