不登校新聞

372号 (2013.10.15)

声「なにかいい方向に・・・」

2013年10月11日 16:15 by kito-shin


 私は小6で友人とのトラブルから、初めて人間関係がうまくいかない感じを覚え、その後、友人だと思っていた相手からイジメを受けて人生初の裏切りというのを味わった。人が信じられなくなり、学校に行けなくなり、中学校で再スタートを切ろうとしたが、家で寝ていた姉の表情を見て、緊張と不安でいっぱいの自分と比較して行かなくなった。そこから6年ほど家にひきこもった。家族とも会話ができずにテレビゲームとラジオが友だち。虫歯になっても歯医者に行きたくないので鎮痛剤を飲みながらガマンしていたこともある。

 外に出たのは2009年1月1日。なぜだかはわからないが、母親から「初日の出だから見てみない?」と言われ、めんどくさいと思いつつ、外に出た。外に出た自分へのご褒美に、その日はやりたくてしかたがなかったゲームをやった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...