不登校新聞

519号 2019/12/1

かがり火

2019年11月28日 12:57 by kito-shin

 2019年11月20日は国連総会で1989年のその日に子どもの権利条約が採択されて30周年の記念日だった。その子どもの権利条約が採択された日は国連総会で1959年に「児童の権利に関する宣言」の採択30周年記念日だった。

 60年におよぶ世界の子どもの権利の歴史は、小学校、中学校の義務教育でも重要な教育課題とはされず、多くのおとなたちにも知られず、何より子どもたちに知らされていない。

 今年10月25日「世界中の子どもの権利をまもる30の方法」(認定NPO法人国際子ども権利センター編・合同出版)が発刊された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

鉄道ジャーナリストが「鉄道好きの不登校」に贈る、鉄道をもっと楽しむ方法

519号 2019/12/1

不登校の子どもが創る学校 不登校の歴史vol.519

519号 2019/12/1

ひといき

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...