不登校新聞

519号 2019/12/1

学校へ行けない私を支えたのは、トイレにこもっている時間でした

2019年11月29日 14:35 by kito-shin













【解説】
 押入れに閉じこもり、トイレに閉じこもる。周囲からすればギョッとする行為でも、本人にとっては大事な時間・場所であることも多いものです。

 マンガに出てくる子は小学生のときによくトイレにこもっていたそうです。彼女にとっては大事な気持ちの整理をつける時間。学びの時間であり、成長の時間です。

 こんなときは、無理に引っ張り出さず、むしろトイレの居心地がよいものにしていくとこもる時間が短くすむようになるとも言われています。

 大人であれば、子どもに自分の価値観を押しつけず、その子なりの育ち方を応援したいものです。(東京編集局・石井志昂)


【プロフィール】

漫画作者/(たなぞの・しょういち)82年生まれ。名古屋市在住。小1より不登校をし、義務教育期間はほとんど学校へ通わなかった。漫画家として、『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)、『マジスター 見崎先生の病院訪問授業』(小学館)などを執筆。

関連記事

「息子がやっと笑顔になった」父親が歩んできたわが子の不登校

518号 2019/11/15

中学生で自殺未遂までした私を支えてくれた親の一言

515号 2019/10/1

学校どころか起床すらムリ。私の昼夜逆転が始まってから終わるまで【漫画】

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...